このカレーに出会った時の衝撃ったら…もうすごかったです!

梅が隠し味ではなく主役を張っているのだから
今までにない驚きの美味しさです。


FullSizeRender


見えるのは、梅の他にトマトと大葉と玉ねぎ。


FullSizeRender


この組み合わせが、甘酸っぱい爽やかさをカレーに
プラスしてくれているのかな…と。

実はこのカレー、意見が2つに分かれまして
美味しい!ハマる!!という声もあれば、
カレーっぽくないから好きではない。という声もあるのです。

これ、別にどっちが正しいとか間違ってるとかはなくて、好みの問題。

ただ私は、大分で大葉がわさわさと作られてるって知ったのは
このカレーのおかげだし、大分の梅の美味しさを知ったのもこのカレー。

特産品を活かしているという意味では、ご当地カレーとして正解だと思います。

知らなかった特産品や地域を知ることができるということが
ご当地カレーの良いところだと思っているので、決してカレーとしてどうなの?
という考え方だけで見てはいません。

だからこそ、ご当地レトルトカレーというジャンルが必要だと思うんですよね。

この思い、もっと考えがまとまったら、どこかに書きたいな…。



Twitter→@sanaeinomata

Instagram→@inomata_sanae